OWET45

エアブラシアート、グラフィティ、漫画、方法、読書、映画

初心者向け

コスパ最強・静音・空冷式!?ファン付コンプレッサーがめっちゃ良さそう

最近、三方良しのコンプレッサーをアマゾンで覗いたら、ファン付きのエアコンプレッサーが出てた! 私が三方良しのコンプレッサーを買った時は出てなかった気がする!! このタイプに空冷式のコンプレッサーは今まであっただろうか。

エアブラシ初心者の誰もが陥る罠について

「エアブラシは気軽なもの!エアブラシを始めてみよう!」っと思い立った初心者の多くは、「道具は何から揃えればいいのだろうか?」「どうやって使えば良いのだろうか?」「壊したらどうしよう。。。」など、始める前から不明な点が多すぎるあまり、不安に…

エアブラシ教室・エアブラシスクールの選び方!これだけはマジで押さえとけ!【前編】

私がエアブラシアートを始めた頃は、エアブラシ教室・エアーブラシスクールはインターネット上では、すごく少なかったと認識しています。 スマホやPC・SNSの普及率があがった影響もあって、日本全国でエアブラシアート活動をしてる人が可視化されました。 そ…

エアブラシ教室・エアブラシスクールの選び方!これだけはマジで押さえとけ!【中編】

「自分が最終的にエアブラシアートを習ってどうしたいのか」を決めたら、次はエアブラシアートを本格的にエアブラシ教室・エアブラシスクールで習うにあたって「趣味・仕事」を白黒はっきりさせときましょう! 今回は趣味のエアブラシ教室・エアブラシスクー…

エアブラシ教室・エアブラシスクールの選び方!これだけはマジで押さえとけ!【後編】

前回の記事で「趣味にするためのエアブラシ教室・エアブラシスクールの選び方」を書いたので、今回はその続きの「仕事にするためのエアブラシ教室・エアブラシスクールの選び方」です。 前回の記事はこちら airbrush.hatenablog.com

エアブラシを使って、コネも人脈も皆無な人間が稼ぐ方法!

絵で食えない人のためにエアブラシを使って、コネも人脈も皆無な状態から最短で如何にして副業や本業にしていくかを記します。いままではマインド作りの話が多かったのですが、今回は割と具体的な方法を教えます。実際、僕がこれで仕事を成り立たせていたの…

【初心者に最適】エアブラシアートで使える塗料の話!

今回はエアブラシで使える塗料はどんなものがあるのか紹介します。 初心者の方はエアブラシではエアブラシ用の専用塗料という物があって、それしか使えないと思いがちです。 しかし、実際は「エアブラシ専用塗料という物はありません」という話です。

エアブラシアート初心者のための基本練習「球」を教えます。

今回はエアブラシアート初心者のための基本練習として「球」を題材に取り上げます。「球」の中には「点」「線」「グラデーション」など、エアブラシアートの基本が全て詰め込まれています。「球」を描ける様になればエアブラシアートの基本はバッチリでしょ…

エアブラシの握り方・持ち方・使い方

今回は、エアブラシアート初心者のためのエアブラシ・ハンドピースの握り方・持ち方・使い方を教えます。今回教える持ち方は一般的なエアブラシ教室で教えている持ち方と同じです。プロのエアブラシペインターも同じ持ち方をしていますし、この持ち方をしと…

初心者のための簡易的なエアブラシの洗浄方法!

今回はエアブラシアート初心者の方のために簡易的なエアブラシ・ハンドピースの洗浄方法を教えます。今回教える方法は毎日の様にエアブラシアートを楽しんでいる人のための洗浄方法です。何ヶ月もエアブラシを放置する場合はエアブラシを分解して掃除しなけ…

エアブラシのコスト削減!中国産のブレイドホースを買ってみた。

少し前にエアブラシアートをするのに最適なエアホースはブレイドホースって話を記事にしたと思いますが、IWATAやエアテックスの製品は高いと思っている人もいるかと思いますので、今回は僕が実験的に中国産のブレイドホースをネット通販で買って使ってみまし…

エアブラシアートのやり方が一番簡単にわかる記事まとめ

今回はエアブラシアートをこれから始めるのに、やり方や何から始めていいかわからない初心者の方のための一番簡単にわかるまとめです。 エアブラシアートを始めるのに難しいことは1つもないです。

エアブラシで壁画や天井画描くならオススメな使い方・握り方・持ち方を厳選

エアブラシの握り方は様々で教えているスクールによって、おすすめしている握り方は違います。今回、僕がおすすめする使い方・握り方・持ち方を教えます。プロのエアブラシペインターも同じ握り方なので参考にしてみてください!

エアブラシを始めるまでの準備とコンプレッサーの空気圧の設定

今回はエアブラシを始めるまでの準備と、ハンドピースからエアーを出すまでの流れを解説します。そして、今回もっとも重要なのはコンプレッサーのエアレギュレーター(空気圧)の設定です。エアブラシをするなら空気圧の設定は欠かせませんからね。 それでは…

エアブラシをアパートやマンションでするなら必見!おすすめ振動・騒音対策と塗装スペース作り

今回はマンション・アパートでエアブラシをするためのスペース作りです! マンション・アパートだとエアブラシをするための場所が取りづらいです。 今回は約1畳でエアブラシスペースを整えます。

エアブラシに最適なコンプレッサー!コスト削減にオススメなら三方良し・ツールズアイランドで決まり

いままで使っていたエアブラシ用コンプレッサーが壊れたので、今回は試しに低価格コンプレッサーを導入してみました。 【TOOLSISLAND ツールズアイランド】と【三方良し】で迷ったけど、音が前者は47dbで後者は45dbだったので後者にしました。 でも…

エアブラシアート初心者のためのダブルアクション

今回は私が普段エアブラシアートで使ってるハンドピース(エアブラシ)を6つ写真付きで紹介します。 初心者から上級者まで使えるハンドピース(エアブラシ)なので最初から揃えてしまえば、あとから買い足さなくてもいいかもしれません。

所持金3万円でアマゾンを使ってエアブラシセットを作る方法

今回は初心者の方が初めてエアブラシアートを始める時に、なるべくお金を掛けないでエアブラシアートを楽しめるセットを構築していきたいと思います。 ちなみに今回はアマゾンで集められる製品でエアブラシアートにとって最高のセットを構築していきます!

初心者でも簡単に下書きの描けない場所にエアブラシアート!ステンシル技法

ステンシル技法を使えば、下書きは不要! ステンシル技法とは? ステンシル技法とは型やテンプレートなどを使って絵を描いていく技法です! テンプレート FH-FM2 出版社/メーカー: アネスト岩田 メディア: この商品を含むブログを見る ステンシル技法を使い…

初心者でも簡単にエアブラシアートで人物画・トレース技法

初心者でも簡単にエアブラシアートで人物画・トレース技法 エアブラシアートの基礎を学んだら、キャンバスを使ったエアブラシアートが楽しくなってきます。もうこの頃になってくると、描くのが楽しくて仕方がなくなってくるはずです。そしてどんどん上手くな…

エアブラシアートが下手なのは道具がダメだから?

時々、質問で「エアブラシが上達しないのですが、どうすればいいですか?」「もしかしたら、今使っている道具がダメだからですか?」ってな感じの質問が来ます。 エアブラシアートを始めたばかりの頃って、玄人の影を追いまくるわけです。 絵が下手なのは道…

初心者でも超簡単にエアブラシを使ったボディアート・フェイクタトゥーのやり方

「ボディアート・フェイクタトゥー」はエアブラシアートの中では比較的簡単な技法を使っています。基礎からステップアップして、いずれ人物画や風景画を描いていくならば、エアブラシ初級者にとって、「ボディアート・フェイクタトゥー」は通る道でしょう。 …

エアブラシアートを始めた時に必ず読むことになる参考書

今回はエアブラシアートをする上で参考になる本を教えます。 初心者から中級者の間をさまよっていると、沢山練習して高みを目指すために参考になるものを沢山漁るようになります。 その時出会うのが今回紹介する本たちです。

ネイルサロン・ボディアートサロンで使って損しないコンプレッサー

エアブラシ用のコンプレッサーは沢山あります。どれを使えばいいかわからないのは当然です。今回はどのコンプレッサーがネイルサロンやフェイクタトゥーサロンに適しているかを教えます。

エアブラシの先端から水分が発生した時の対処方法

このセットでエアブラシアートを始めると、長時間コンプレッサーを回しっぱなしで作業することになります。すると、必ずハンドピースの先端から水分が出てきます。 そんな時の対策を今回は紹介します。

初心者がエアブラシアートをするための最高の練習用紙

エアブラシアートを始めたばかりなら必ず練習に最適な紙を探し始めます。そして、自分で答えを出していきます。 ですが、今回はまだ迷ってる人の為にどんな紙が最適か教えます。 練習用紙によって作品のクオリティはだいぶ変化します!

エアブラシアートのプロも使ってる最強のエアホースとエアブラシホルダー

エアブラシをするための道具を最低限揃えたら、次はいかにストレスなくエアブラシを楽しむかです。 ストレスフリーでエアブラシを楽しむ為に大事なものがあります。 今回は快適なエアブラシをする為に必要な道具を2つ紹介します。

初心者にオススメ!本当にゼロから始めるエアブラシ

エアブラシをこれから始めるなら、まずは最低限揃えなければいけない道具が3つあります。それが「エアコンプレッサー・ハンドピース・塗料」です。3つ揃えれば、今すぐエアブラシで作業することができます。 ということで今回は、その3つをエアブラシ初心…