OWET45

エアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

初心者にオススメ!本当にゼロから始めるエアブラシ

f:id:OWET45:20160621004439j:plain

エアブラシをこれから始めるなら、まずは最低限揃えなければいけない道具が3つあります。それが「エアコンプレッサー・ハンドピース・塗料」です。3つ揃えれば、今すぐエアブラシで作業することができます。

ということで今回は、その3つをエアブラシ初心者にもわかりやすいように写真付きで、一体どんなものなのか紹介します。

 

 

エアコンプレッサー「空気圧縮機」

f:id:OWET45:20160621004607j:plain

エアコンプレッサーは空気を圧縮して送り出す機械です。

これがなければ、ハンドピース(エアブラシ)がエアーを出すことが出来ません。

 

使い方

エアブラシ用のコンプレッサーは基本的には100Vの電源式なので、プラグをコンセントに挿しスイッチを入れて使います。

電源を入れると圧縮した空気を送り出してくれます。

エアコンプレッサーの空気吐出口にエアホースを取り付ければハンドピース(エアブラシ)と接続でき、エアブラシにエアーを送ることが出来ます。

 

エアホースについて

エアブラシ用のコンプレッサーであれば通常、エアホースもセットになっているのでエアホースのことは気にしなくても良いです。

 

選び方

エアコンプレッサー選びで重要なのは「静音性」・「オイルレス」です。

音を気にしないのなら、ホームセンターで売られているエアコンプレッサーでも良いと思います。安価のエアコンプレッサーは安い代わりに騒音と振動で、マンション・アパートでの作業なら間違いなく苦情がきます。

 

アパート・マンション・一戸建てならこれ

自宅でのエアブラシ作業なら静音設計オイルレスエアコンプレッサー「APC-001R」がおすすめです。

付属品に「エアホース・エアレギュレーター・水取フィルター」が付いてきます。

圧力スイッチがついているので、一定の圧力になると停止するので騒音対策になりまし、エアブラシアートをするにはもってこいです。

圧力スイッチが無いと、エアブラシをしているときにストレスが溜まるので、付いているものを選びましょう!

エアテックス コンプレッサー APC-001R

エアテックス コンプレッサー APC-001R

 

 

静音オートスイッチなし

かなり静かだけどオートスイッチではない模型用コンプレッサー

 

保証はないが安価でコスパが良い

同じ様な性能で更に安価なエアコンプレッサーはこちらです。

 

野外などでの作業には良い

以下はホームセンター系コンプレッサーのなかでは静かな部類のものです。

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー 30L EWS-30

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー 30L EWS-30

 

 

ハンドピース(エアブラシ・エアツール)

f:id:OWET45:20160621004439j:plain

ハンドピースは俗にエアブラシと呼ばられている物です。

空気と塗料を同時に吐出させることが出来る道具です。(スプレー)

エアコンプレッサーがないと使えないので、エアツールと呼ばれています。

基本的には構造は2種類で、シングルアクションとダブルアクションがあります。細かい作業にはダブルアクションが向いています。エアブラシアートをする人は必ずダブルアクションを選びましょう。

 

使い方

エアコンプレッサーにエアホースを接続し、その先に繋いで使います。

 

選び方

ハンドピースは自分が使いたい会社の物を使うと良いでしょう。

なぜなら、どの会社のハンドピースを使っても初心者には、ほぼ同じ様な物だからです。使いたい物を使えばハンドピースに愛着が湧いて大事にする事間違いないです。 

ただし極端に安価な中国産のハンドピースは、当たり・はずれがあります。

塗料の出方が悪いのが、はずれ商品の特徴です。

ちなみに国内・海外でよく使われているのは「アネストIWATA」です。

消耗部品の供給も良いので結果的に愛されているのだと思います。

ハンドピースは消耗品の入手しやすさも大事です。

 

0.3mmのアネストイワタの「HP-CP」「HP-CS」なら間違い無いです。 

エアーブラシ HP-CP

エアーブラシ HP-CP

 
エアーブラシ HP-CS

エアーブラシ HP-CS

 

 

塗料・絵具

f:id:OWET45:20160621004619j:plain

塗料・絵具は色を付けるための物です。

エアブラシで使うのはアクリル樹脂塗料です。

アクリル樹脂を水または有機溶剤で溶かし、そこに顔料と添加剤を混ぜたものが塗料・絵具です。

 

使い方

ハンドピース(エアブラシ)のカップの中に数滴落とし希釈して使います。

 

選び方

水性塗料・油性塗料がありますが、とりあえず水性塗料で練習してみると良いでしょう。墨汁なんかは既に持っていたりするなら扱いやすい塗料です。

 

エアブラシ専用塗料「エアロフラッシュ」 

f:id:OWET45:20160621022648p:plain

 

 

ホルベインから出ている、「エアロフラッシュ」はエアブラシ用に作られた粘度の丁度良い塗料なので扱いやすいです。

一度乾けば水には溶けない塗料です。 

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

 

 

墨汁 

墨汁は水でも落ちるのでわりと取り回しやすい塗料です。

入門向けです。

開明 墨汁 墨池型 180ml BO1003

開明 墨汁 墨池型 180ml BO1003

 

 

話が長くなりましたが、以上の3つを揃えれば今すぐエアブラシが始められます。

ゼロからの初心者の方は是非参考にしてみてください。

 

おわり