OWET45

エアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

エアブラシの先端から水分が発生した時の対処方法

f:id:OWET45:20160623150810j:plain

このセットでエアブラシアートを始めると、長時間コンプレッサーを回しっぱなしで作業することになります。すると、必ずハンドピースの先端から水分が出てきます。

そんな時の対策を今回は紹介します。

 

 

最低限のエアブラシセットでは必ず先端から水分が!

f:id:OWET45:20161209235840p:plain

以下のエアブラシセットはエアブラシアートをする上では最低限のエアブラシセットです。そこは頭に入れて置いてください。

エアテックス コンプレッサー APC-001R

エアテックス コンプレッサー APC-001R

 
アネスト岩田 ブレードホース 1/8×1/8 HPA-BH31

アネスト岩田 ブレードホース 1/8×1/8 HPA-BH31

 
エアーブラシ HP-CH

エアーブラシ HP-CH

 

このセットの良くないところは、エアブラシにとっては天敵の水取りが徹底していないところです。 

一応水取りフィルターは付いていますが、これだけでは弱いです。

長時間使うと水分が取りきれないです。

ハンドピースの先端から水が出てきます。

 

徹底的に水取り対策をする!

f:id:OWET45:20160623160136j:plain

水分は熱が原因でコンプレッサーから送り出される途中で発生します。

なので、水取りフィルターはコンプレッサーと一体化するより、エアホースとの間にかませたほうが十分な力を発揮するのです。

つまりより手元に近い所の方がよく水が取れるということですね。

 以下のいずれかで先端からの水分は改善されます。

そして、全てを併用すれば間違いないです。

 

  • 新しい水取りフィルターを購入する。
エアテックス 水取りセット1 AHB-1

エアテックス 水取りセット1 AHB-1

 

 

  • ハンドピース用の水取りフィルターを購入する。
エアテックス ハンドグリップフィルター HGF

エアテックス ハンドグリップフィルター HGF

 

 

  • 予備エアタンクを取り付ける
エアーブラシ作業用エアータンク

エアーブラシ作業用エアータンク

 

 

ハンドピース用水取りフィルター!

f:id:OWET45:20160623160143j:plain手元につけるタイプです。

装着後はハンドグリップにもなります。

しかし、沢山発生した水には対応しきれません。

f:id:OWET45:20160623160150j:plain

 

予備エアタンク!

f:id:OWET45:20160623161812j:plain

予備エアタンク付きエアコンプレッサーです。

エアタンクの中で水が溜まるので、定期的に抜くことが必要になります

これでもうエアブラシの先端から水分が出ることに悩まされません!

 

おわり