OWET45

エアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

絵画でお金稼ぐには、結局のところ絵が下手でもいいって話。

f:id:OWET45:20160901213257j:plain

絵を仕事にするには、絵が上手くなきゃ仕事につながらないと思っている人は多いです。ところが実際は違います。上手くても仕事にならない人もいます。

仕事につなげるには、絵がうまいだけじゃダメです。

絵を買ってくれる人は、その絵が気に入ったから買ってくれる訳です。

上手いだけじゃ最終的な決め手にはならないです。

もちろん「絵が上手い」というのも理由の1つですが、他にも「目にする機会が多いから」「知名度が高いから」「投機対象になっているから」「友達が描いた絵だから」「賞やコンクールで入選・入賞してるから」「有名人・著名人が紹介してるから」「刑事・民事・著作権侵害など事件を起こして有名だから」「テレビで紹介されたから」「有名画廊で展示してあるから」「プロモーションされる」など様々な理由から絵を買う訳です。

f:id:OWET45:20160902164933j:plain

絵で仕事をするのなら以上の要素をより多く持ってる人が、結局のところ売れるのです。

なので自分の絵が売れる理由を作ればいいだけの話です。

理由の中でも平等にチャンスがあるのが、「友達が描いた絵だから」「賞やコンクールで入選・入賞してるから」「目にする機会が多いから」でしょうか。

その中でも「賞やコンクールで入選・入賞してるから」は割と狙いやすいです。

絵が下手くそでも、とにかく入賞すれば理由の1つは獲得できる訳です。

次は獲得した理由を使って、さらなる理由を作っていけばいいのです。

だから最初の1つが特に重要です!!!!

そんな感じでやれば必ず絵で稼げるようになります。

そして、努力なしでは絵は売れません。

 

おわり