OWET45

絵本、エアブラシアート、グラフィティ、フェイクタトゥー、カスタムペイント、料理、裁縫、漫画、方法、読書、映画などに関連するようなブログです。

【初心者に最適】エアブラシアートで使える塗料の話!

【初心者に最適】エアブラシアートで使える塗料の話!

f:id:OWET45:20161128115103p:plain

今回はエアブラシで使える塗料がどんなものか紹介します。初心者の方はエアブラシではエアブラシ用の専用塗料という物があって、それしか使えないと思いがちです。しかし、実際は「エアブラシ専用塗料という物は無いよ」という話です。

f:id:OWET45:20161128121301p:plain

まず基本的にエアブラシというのは、筆と同じで絵を描くための道具に過ぎません。

したがって筆で使う塗料と同じ塗料が使えます。

例えば、小学校時代に使った不透明・透明水彩絵の具など主に筆で使うような塗料でもエアブラシで使うことが出来ます。中学校時代に使うアクリル絵の具でも同じ話です。

エアブラシ専用塗料というのは基本的にはありません。正確にはエアブラシに最適な粘度に調整した塗料が売っているというだけの話です。

なので、「必ずエアブラシ用の塗料を使わないとエアブラシが壊れてしまう!」という話ではないです。

サクラクレパス 絵の具 透明水彩 12色 OW12

サクラクレパス 絵の具 透明水彩 12色 OW12

 

水性塗料と油性塗料を覚えとけば間違いない。

水性塗料は基本的には水や専用薄め液を使って希釈できる塗料です。

油性に比べて臭いが気にならなく、安全性の高い塗料です。

その代わり塗膜が油性より弱いので、耐久性が物を言う場所では使えなかったりします。つまり、水性塗料は屋内向けで油性塗料は屋外向けという事です。

初心者なら水性塗料

エアブラシ初心者は水性塗料の方が圧倒的に扱いやすいです。

水彩絵の具

水彩絵の具という塗料は、固形か粘り気のある粘度の物が主で塗装した後、乾いてもでも水に溶ける性質が特徴の塗料です。墨・墨汁などは比較的こっちの部類になります。

サクラクレパス 絵の具 透明水彩 12色 OW12

アクリル絵の具

アクリル塗料は粘り気のある物しかないです。その理由は乾くと水に溶けることのない塗料だからです。一度塗ったら基本は取れません。ホルベインエアロフラッシュやCREATEXなどはアクリル絵の具の部類になります。カラーインクなども基本はこっちの部類です。

サクラクレパス 絵の具 アクリルカラー12色 ACW12
 
その他

お菓子作りにエアブラシを活用している方もいます。もちろん着色料や牛乳やチョコレートなども適切な粘度にすればエアブラシで使える塗料になります。しかし、エアブラシのハンドピースは中にグリスなどが塗られているので食品塗装は注意が必要です。

明治乳業 おいしい牛乳 1000ml

明治乳業 おいしい牛乳 1000ml

 

透明と不透明

塗料には透明と不透明があります。

エアブラシでは基本的に透明色を使っとけば間違いないです。

エアブラシで最適に使える水性塗料「プロ仕様」

エアロフラッシュ

f:id:OWET45:20160621022648p:plain

エアロフラッシュはエアブラシ用に最適な粘土に調節されたアクリル塗料です。

乾けば水などに溶けることもないです。

国内の画材屋さんなどでも、手に入りやすいのでオススメです。

希釈は専用うすめ液か水を使えます。

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

 
クリテックスカラー&ウィックドカラー

f:id:OWET45:20161128115103p:plain

アメリカ産の塗料でエアロフラッシュ同様にエアブラシ用に最適な粘度に調節されたアクリル塗料です。希釈には専用薄め液を使います。エアロフラッシュよりもアルミ板に描いた時に耐久性・発色などが優れていますが、国内では画材店などには置いていなく、比較的手に入りにくい塗料です。基本はネットショップなどで購入可能です。

アマゾンでは主に海外発送商品なので、送料や商品自体の値段が高騰している場合があるので、購入には注意が必要です。

日本代理店がネットにあるので、そちらで買うのをオススメします。

Createx Primary Set 6本入り(クリテックスカラーお試しセット)