OWET45

エアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

マーカーやペンを使って、グラフィティアートの描き方を教えるぞ!

f:id:OWET45:20160622150942j:plain

屋外に描くのがグラフィティアートの本来あるべき姿ですが、時代も変わりデジカメやSNSなど様々な媒体が発展している世の中。室内で書いたものもグラフィティアートと呼ぶ人もいるのが現代です。ということで、今回はコピックやマーカーを使ってグラフィティアートをA4ケント紙に描きました。

 グラフィティアートを描く!

f:id:OWET45:20170403164721j:plain

まずは鉛筆で下書きをします。今回は青鉛筆を使って下書きしました!

なぜなら、青が好きだからです。

下書きで完成した時の出来の9割くらいを占めているので、ここで本気を出しましょう!

私の場合は曲線を意識してだいたい左右対称に描きます。

f:id:OWET45:20170403164727j:plain

そして0.5mmのコピックマルチライナーでペン入れをします。

えんぴつのままでは消えてしまうし、色が薄いのでペン入れです!

 

f:id:OWET45:20170403164732j:plain

PCに取り込んで、大きさや色を変更してケント紙に印刷しました。

家庭用のインクジェット印刷は水に弱いですが、コピックなら上から塗っても滲みません。 

 

f:id:OWET45:20170403164736j:plain

黒色から白色まで4色くらい段階に分けてコピックを入手してください。

そして、それで塗ります。途中再度ペン入れしながら塗って行きます。

Too コピック スケッチ 72色 Aセット

Too コピック スケッチ 72色 Aセット

 

 

f:id:OWET45:20170403164750j:plain

半分いかないくらい完成しました。

この調子で塗って行きます。

f:id:OWET45:20170403164752j:plain

ほぼ全部塗り終わりました。

f:id:OWET45:20160827063631j:plain

最後はPCに取り込んでフォトショップで加工して完成です!

こんな感じで書けば、室内でもグラフィティアートで遊べます。

趣味や特技にでもいかがでしょうか。

Adobe Photoshop Elements 15

Adobe Photoshop Elements 15