OWET45

エアブラシアート、グラフィティ、漫画、方法、読書、映画

エアブラシ教室・エアブラシスクールの選び方!これだけはマジで押さえとけ!【中編】

f:id:OWET45:20160627013706j:plain

「自分が最終的にエアブラシアートを習ってどうしたいのか」を決めたら、次はエアブラシアートを本格的にエアブラシ教室・エアブラシスクールで習うにあたって「趣味・仕事」を白黒はっきりさせときましょう!

今回は趣味のエアブラシ教室・エアブラシスクールの選び方を教えます。

 

前編の記事を読んでない方は読んでみてください!

airbrush.hatenablog.com

 

 

 

【楽しさ重視】趣味のエアブラシ教室を選ぶ方向けの情報

f:id:OWET45:20161123213720p:plain

講師を選ぶポイントは「関わりたいと思う人!」

出来るだけ、自分が描きたい絵であったり、目指している絵を描いている講師を選びましょう!「精密で精巧な写真のような絵」を目指しているのに、「イラスト・キャラクター的な絵」を描いている人に教わるのは時間の無駄です。

最初から描きたい絵を描いている人のとこにいきましょう。

その上で必要ならば、イラスト・キャラクターを描いている人のところへ行きましょう。長く付き合っていくのならば、趣味が一致するような先生もいいでしょう。

ヒップホップ系が好きな先生もいれば、マリンスポーツ・絵画・ダンス・カスタムペイントが好きな先生もいるので、自分が知り合いたい先生を探しましょう。

絵画コンクールで入賞していたり、実際にイラストレーターをしていたり、そんな経歴の人もおすすめです。

人間性やそのエアブラシスクールの世界観はブログなどから垣間見ることが出来るのでお勧めです!!

 

趣味なら授業内容は水性塗料を使うところで習え!

f:id:OWET45:20161128115103p:plain

趣味でエアブラシをするなら一番大事なのは臭いです。

水性塗料を使うエアブラシ教室を選びましょう!ほぼ臭いがしません。

日本のエアブラシ教室は基本的に油性塗料を使うところが多いです。油性塗料というのは、マニキュアみたいな臭いを想像していただけたらOKです。

帰ってきて部屋でやるには臭すぎるし、残臭もなかなか取れません。なによりも身体に悪いです。工業用マスクしないで毎日嗅いでたら死を意識するレベルです。

 

趣味なら沢山のテクニックや技法を教わろう!

f:id:OWET45:20161107135347p:plain

出来るだけ様々な技法を教えてくれるような授業内容になっているエアブラシ教室を選ぶと良いでしょう。

エアブラシアートの技法は様々で、人物画描くのにトレース技法使うかフリーハンド技法使うか教室ごとに違います。

出来るだけ両方教えてくれるというか、趣味で習うならエアブラシアートにおける全ての技法を教えてもらった方が潰しがきくので良いです。

 

 趣味ならサポートは長期的に面倒を見てもらえるところへ!

f:id:OWET45:20161203170408p:plain

なるべくすぐに先生本人と直接連絡取れ、長期的に通えるところもいいでしょう。

アパート・マンションでエアブラシ教室を行っている先生方もいれば、ガレージでやっている方、住宅をアトリエにしている先生もいますし、サロンや店舗を構えている方もいます。なので、なるべく環境は自宅と似た雰囲気のところを選ぶと、これから自分がエアブラシ部屋・環境を作るときに参考になると思います!

 

趣味のエアブラシ教室ではなく、仕事にするなら次の記事へ!

 

airbrush.hatenablog.com