OWET45

エアブラシアート、グラフィティ、漫画、方法、読書、映画

エアブラシを使って、アパレルペイントをする動画を解説するぞ!

エアブラシを使った、アパレルペイントの動画を解説するぞー!

f:id:OWET45:20170630173727j:plain

エアブラシアートをしていると、ときどきカスタムもしたくなる!

そんな時はアパレルペイントから始めるのが良さそうです!Tシャツなら1000円以下で買えるので安価でカスタムを楽しめる!

ということで、今回はエアブラシを使って、Tシャツにオリジナルペイントを施すYouTube動画を観ながら、描き方を解説します!!

 

 

今回の参考動画

参考動画を観て、エアブラシを使ったアパレルペイントの方法を学びましょう!

Airbrushed Graffiti Name 2 - YouTube

www.youtube.com

今回はこちらの動画を参考にしました。

 

エアブラシツールの紹介

アネスト岩田  エアーブラシ HP-BCS

アネスト岩田 エアーブラシ HP-BCS

 

今回の動画で使われているエアブラシは、IWATA製エアブラシのHP-BCSになります。

そして、塗料はアパレルペイントにはもってこいのクリテックスカラーです。

 

鉛筆でデザインをスケッチ

f:id:OWET45:20170630173729j:plain

まずは鉛筆でデザインをスケッチします。

デザインはこの動画では「JACOB」と書かれています。

文字を起こすのが苦手な人は、コンピュータなどに入っているフォントを参考に書いてみましょう!

 

アウトラインを書く

f:id:OWET45:20170630173732j:plain

スケッチが終わったら、そのままでは色が薄くて見づらいので、灰色を使ってラインをなぞりましょう!

 

文字内部のバックを書く

f:id:OWET45:20170630173736j:plain

アウトラインが終わったら、灰色を使って文字内部に色付けしましょう!

文字内部をベタ塗りするのではなく、アウトラインの内側に白色を残す感覚で、塗りすぎないように塗りましょう!

 

さらに文字内部に着色

f:id:OWET45:20170630173741j:plain

奥行きを付けるために、灰色の上に黒色を吹き付けます!

この時に文字内部、下から上に向かって吹き付けましょう!

塗りすぎないように気を付けながら、アウトラインの内側に白を残しときましょう!

 

黒色を使ってアウトラインと影を書く

f:id:OWET45:20170630173744j:plain

f:id:OWET45:20170630173746j:plain

今までは言わば下書きを状態なので、黒色を使って本格的にアウトラインをなぞっていきましょう!

この時に影を意識しながら書いてみましょう!

 

背景を塗る

f:id:OWET45:20170630173749j:plain

黒色で垂れのエフェクトを付けて、オレンジ色で背景を塗っていきましょう!

オレンジはベタ塗りで大丈夫です。

 

白色でアウトラインの内側を際立たせる

f:id:OWET45:20170630173752j:plain

白色を使って、アウトラインの内側を際立たせます。

これをやることで文字に厚みを出すことが出来ます。

 

白色で文字を輝かせる

f:id:OWET45:20170630173755j:plain

白色を使って、アウトラインの角に点を入れます。

これが文字の輝きの表現になります。

 

オリジナルTシャツの完成!

f:id:OWET45:20170630173758j:plain

これでオリジナルTシャツの完成です。

以上すべての表現を入れ込めば、奥行きと輝きのある文字表現が実現できます。

 

ということで、今回はエアブラシを使ったアパレルペイントの方法を解説しました。

おわり。